【片付け】失敗しない断捨離とは?業者の協力で断捨離を成功させる

部屋に物が散乱してしまうと、ストレスに感じたり不便に思ったりすることはないでしょうか。そのようなときには、断捨離をすることで精神的にも物理的にも健康な状態を保つことができます。不用品が多いときには業者に依頼するのも一つの手段です。そこで、今回は断捨離の意味やその効果、メリットなどについて解説し、さらに断捨離を依頼する業者の選び方について説明していきます。

断捨離とは?

断捨離とはもとはヨガの「執着を手放す」ことから来ており、断行、捨行、離行の3つから生まれた言葉です。この3つを実行することで「もったいない」という固定概念から自分を解放し、快適であるとともに身軽な生活をしていくことが目的とされています。断捨離という言葉自体は、クラターコンサルタントのやましたひでこ氏が広めた言葉であり、自身が提唱している片付け論のことです。やましたひでこ氏は、断捨離を単に片付ける術という概念ではなく、ものに向けられた執着を手放すことをコンセプトとして掲げています。

「断」とは不要なものを断つことです。「捨」は不要なものを捨てること、そして「離」はものに対する執着から離れるということを指します。執着を断って離れるといっても、何でも捨ててしまうということではありません。自分自身と向き合い、暮らしていく中で本当に必要なものだけを厳選する作業こそが断捨離です。その作業によって心身ともに楽になることも含まれています。断捨離はやましたひでこ氏の著書のタイトルでもあり、やましたひでこ氏の登録商標です。

断捨離の効果・メリット

では、断捨離には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは断捨離をすることで得られるメリットや効果について紹介していきます。

自由な時間が増える

家の中に物があふれていると、ひとつひとつの置き場所を把握するのが難しくなります。中には、ほとんど使わない物もあるでしょう。そのうえ乱雑に置かれていれば、探すのは一苦労です。そうなると、探すだけで手間取ってしまうこともあります。断捨離をすることで生活に不要なものを処分できていれば、家の中には必要な物しか存在しません。その結果、探し物に費やす時間が節約できます。

家の中から不要なものがなくなれば、部屋が散らからなくなり、その分、掃除にかかる時間の節約にもつながります。それまではこまめに収納の整理や探し物、さらに掃除にかかっていた時間が大幅に短縮され、浮いた時間を自由に使うことができるでしょう。すっきりした室内でのんびり過ごすのもいいですし、趣味や友人との食事など外で過ごせる時間も取りやすくなります。人生そのものが充実するかもしれません。

お金が貯まる

断捨離をすると、お金が貯まりやすいというメリットもあります。説明したように、余計な物で部屋の中が埋め尽くされていると、何がどこに置かれているのかすぐに判断することができません。しかし、断捨離することで自分が所有している物を把握しやすくなります。たとえ新しく物を購入する機会ができても、一旦きれいに片付いていればどこに置こうか判断する習慣づけができるでしょう。そうなると、購入すること自体を慎重に検討する癖がつき、無駄使いを減らすことも可能です。

また、どこに何があるかわからないと、以前買ったことを忘れて似たような物をまた買ってしまうという失敗も出てきます。自分の所有品を把握できていれば、そのような無駄使いをする心配もありません。そもそも収納場所が少ない部屋なら、新しい物をできるだけ購入しないことで無駄な買い物を減らせます。買わないことでその分貯蓄に回すこともできますし、不用品は売却するという方法もあります。まだ使えるものなら買取してくれる業者を探してみましょう。自分が不要になった物を断ち、執着から離れて売ればお金に換えることもできます。

ストレスから解放される

家の中がいろいろな物であふれている、部屋全体が散らかっているという状態は、それだけ多くの情報が視界に入ってくるということです。その結果疲れてしまい、ストレスの原因にもなります。情報過多は脳を疲労させ、判断力の低下につながっていきます。情報をもっとも得やすいのは視覚であり、目を閉じるだけでも実に80%もの情報がカットできるといわれています。つまり、不要な物を徹底して片付けるだけで脳に与えていた情報を最小限に絞り、ストレスを軽減してくれるのです。

また、不要な物とわかっていながら部屋を片付けることができないでいると、「処分しなければ」という義務感からストレスにつながることもあります。乱雑な状態の中で必要な物がなかなか見つからないときも、ストレスを感じやすいといえます。断捨離をすれば「処分しなければ」という義務感からも解放されるでしょう。どこに何があるかわからないままひたすら探すというストレスを感じることもありません。気分が楽になって明るくなれますし、ポジティブな暮らしに変えられます。

片付け業者は何をしてくれるの?

片付け業者は、物で乱雑になった部屋から不用品を処分し、掃除までの作業を行ってくれるのが一般的な仕事です。ゴミ屋敷のように家そのものが不用品であふれた状態でも依頼することができ、なるべく時間を短縮しながら効率よくきれいにしてくれます。家まるごと一軒となると、広さや不用品の量で実際にかかる時間には幅が出ますが、慣れない人が自分で片付けるより効率的です。

片付け業者といってもさまざまで、中には遺品整理や生前整理に対応してくれる業者もいます。物を大量に残しておいた結果、遺族が故人の不用品の処分で苦労するということは珍しい話ではありません。しかし、片付け業者に依頼して元気なうちに生前整理を行っておけば、本当に必要な物だけを遺品として残すことができます。断捨離することで生活もすっきりするでしょう。

遺族にとっても、遺品整理ができる片付け業者は頼もしい存在です。特に故人が広い一軒家に住んでいたような場合は、遺族だけではなかなか片付けることは難しいでしょう。不用品の分別だけでも時間がかかります。その点、プロの視点で的確に分別できますし、不用品はそのまま回収してもらえます。また、高齢者の単身世帯が多い現代で増えているのが孤独死です。孤独死のような特殊清掃現場の片付けに特化した片付け業者も存在します。業者にもよりますが、中には片付けだけでなく不用品の回収からリサイクル品の買取、さらに収納や整理についてアドバイスをしてくれることもあります。自分の目的に応じて片付け業者を選んでみましょう。

安心できる業者の選定基準

説明したように、片付け業者といっても得意分野や費用などはさまざまです。業者への依頼を決めても、多くの中から安心できる業者を選ぶのは大変かもしれません。そこで、安心できる片付け業者のポイントや選定基準について説明していきます。

見積もりと価格が適正かどうか

片付け業者を依頼する際、見積もりを取ることは基本的なことです。くれぐれも、料金についてよくわからないまま依頼することのないようにしましょう。もちろん、見積もりを取ってもすぐに安心はできません。見積もりに書かれた内容が適切であるかどうか判断する必要があります。まず、概算ではなく内訳が書かれているか、法外な価格や不明な内容が書かれていないかをチェックします。見積もりの中にわからないものがあれば必ず確認しましょう。

これらの確認をしっかりしておかないと、作業した後に追加料金が発生するなど提示された見積もり以上の請求をされることもあります。見積もりをもらったら別途で発生する料金や追加料金はないか確認し、納得できる内容であることが重要です。そして、できるだけ一社ではなく複数社から見積もりを取るといいでしょう。おかしい金額があれば気付きやすくなりますし、サービス内容も含めて比較しながら一般的な料金かどうか判断できます。

料金体系

見積もりを取ることも大切ですが、事前に片付け業者の料金体系について把握しておくことも業者選びのポイントです。片付け業者の多くは、それぞれのWebサイト上に料金体系を掲示しています。その中から自分の予算や断捨離したい状況と照合して見合った業者を選ぶといいでしょう。片付け業者の料金体系は、大きく分けると2種類です。

一つは基本料金に品目ごとの回収料金を組み合わせていくもので、重い物を数点だけ処分したいときや手間をかけずに安価で片付けたいときに向いています。1〜3点程度片付けたいというときは、無駄なく利用できる料金体系です。そして、もう一つはトラックなどに積み放題の定額制プランで、トラックの積載量に応じて価格が変わります。こちらは、例えばゴミ屋敷のような不用品が大量にあるときにお得な料金体系です。所有品が多かった故人の遺品整理などに利用するのもいいでしょう。

買取価格が適正かどうか

断捨離をする際、まだ使える物まで不用品として処分してしまうのはもったいないといえます。使わない物を「もったいない」と溜め込んでおくとリサイクルはできません。自分は使わないものでも、他の人にとっては必要な物もあります。中古品を大切にしながら使いたい人もいますから、まだ利用できる物は買取してもらいましょう。

片付けをしてくれる業者や不用品回収業者の中には、買取に応じてくれる業者もあります。どのような物が買取対象になるかは業者ごとで違いますし、買取しない物もあります。また、物の状態に応じて買取価格は変動する場合があるため、あらかじめ確認しておくと失敗を防げます。買取を希望するときも、複数の業者で見積もりを依頼するといいでしょう。提示された買取価格を見て適正かどうか判断し、納得できることが重要です。

回収可能な品目

片付け業者といっても何でも回収してくれるわけではありません。不用品回収業者についても同様です。そもそも、一般的に考えて処分が難しいものや生ゴミや動物の死骸など腐敗しそうな物、悪臭を発する物や危険物などは一般の片付け業者や不用品回収業者は回収しないと考えた方がいいでしょう。回収してくれる業者は特殊な資格を持っているなどルールが存在することもあります。例えば、一般家庭ゴミの回収には「一般廃棄物収集運搬業許可」が必要です。それに、業者にはそれぞれに得意分野もありますから、何でも依頼できるわけではありません。まず、処分したい物に対応しているかどうか回収品目を調査しておくことがポイントです。また、回収可能なオプションがあるかどうかも確認しておくといいでしょう。

 片付け業者

A社

24時間対応可能で年中無休という柔軟性が魅力の業者です。料金体系もわかりやすいうえに当日予約が可能なため、なかなか予定を組みにくい人でも必要なときにすぐ利用できるでしょう。定額プランは手頃な軽トラックから用意されていて、スタッフが2名までつけられる追加料金やエアコンの取り外しなどオプションで追加できるメニューが豊富で、費用を抑えながら自分に合った片付けをすることができます。見積もりはわずか3分ほどで回答が来るため忙しい人もストレスを感じることがありません。不用品回収の他には遺品整理、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷の掃除にも対応してもらえます。

B社

不用品の片付けがなかなかできない理由の一つは、時間が取りにくいことにあります。年中無休なうえに夜間は12時まで対応していますから、日中仕事をしている人でも利用しやすいでしょう。単身者はもちろん、共働き世帯まで幅広いユーザーに利用されています。東京、神奈川、埼玉、千葉が対応エリアで、単品回収から応じてもらえます。積み放題の定額プランもありますし、サービス内容は生前整理や遺品整理、ハウスクリーニングなど幅広いのも特徴です。定額プランにはスタッフや搬出作業、車両代などの追加料金も含まれており、費用を抑えての断捨離ができます。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」は、お客様満足度が高く信頼の厚い業者です。サービス内容は不用品回収の他にハウスクリーニング、遺品整理、ゴミ屋敷の掃除、引っ越しの手伝いなど多岐にわたります。さらに建物の解体やリフォームにも対応していますから、不用品を片付けながら古家の解体を検討しているときやリフォームも視野に入れているときに心強いでしょう。料金体系は、サービスごとのプランと積み放題の定額制があります。柔軟性が高い料金体系で、無駄がなく希望に沿った利用が可能です。また、見積もりは電話でも対応可能で、他社との比較がしやすいかもしれません。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり