回収レポート

栃木県小山市空き家のまるごと不用品回収

こんにちは、ゴミ回収バスターズです。

本日は空き家のまるごと不用品回収のご依頼で栃木県小山市へ行ってまいりました。

今回のご依頼者様は、
荷物が多く、どう片付けたら良いのか困っていて、長年放置されていたそうでした。

作業終了後、物がなくなりスッキリした部屋を見て「もっと早くお願いすれば良かった」と大変喜んでいらっしゃいました。

空き家を片付けるべき大きな理由に、
「空家等対策の推進に関する特別処置法」(通称、空家対策特別措置法)があります。この法律は2015年に施行され
??外壁や屋根などの老朽化で、倒壊する危険がある
??放置されたゴミなどで、衛生上有害である
??十分に管理ができていないことで、景観を悪くしている
??周辺の生活環境に悪影響を与えるなど問題のある空き家を
「特定空き家」として指定されるようになったのです。

このように自治体で判断された空き家は、持ち主が問題点を修繕したり解体したりしなければならず、それに従わなければ、行政代執行によって強制的に解体され、その費用は持ち主に請求されるのです。

さらに、これまでは優遇されていた空き家の固定資産税も数倍に上がってしまうのです。

また、昔建てられた住宅はあまり質が良くないので、地震や台風などの自然災害で倒壊してしまう危険性もあります。
庭の雑草を処理していなければ、ムカデやゴキブリ、やぶ蚊などの虫や蛇といった人を不快にする生き物も発生します。
さらに、屋根の老朽化によって瓦が落下する危険性や、不審火、不法投棄などの被害に見舞われることもあります。これらのことから、近隣住民は大変な迷惑を感じていたり、恐ろしい思いをしていたりすることもあります。

「このまま放置しておいても問題ないだろう」と思っていても、
家は誰も住まなくなると、換気や害虫などが原因で、劣化がどんどん進みます。

突然、「特定空家等」に指定されたと役所から通知が来ることもあります。
そうならないように、利用されなくなった空き家がある場合は、できるだけ早く片付けの検討をしましょう。

空き家の整理、片付けを検討されている方は、
弊社ゴミ回収バスターズにお任せください。
相談、お見積もりは無料ですのでご連絡お待ちしてます^_^