回収レポート

壊れている家電の回収・大型家電の処分

こんにちは、ゴミ回収バスターズです。

この度は、弊社ゴミ回収バスターズのスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

このサイトにたどり着いたということは、不用品回収を行っている業者を探していらっしゃるのではないでしょうか?

引っ越しや大掃除をするときには、どうしても不用品処分の問題に直面してしまいます。

中でも、要らなくなった家電の処分方法が分からないという方は多いと思います。

そこで、ここではまず家電の処分に困ってしまうケースについてご紹介致します。

まず困ってしまうのが、家電リサイクル法の適合品目となっている大型家電を処分したい場合です。

テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機、乾燥機は、自治体の粗大ごみ回収に依頼したり処分してもらうことができません。

これら家電4品目と呼ばれる製品は古い・新しい、一般家庭・事務所を問わず対象となるものです。、

家電リサイクル法とは、
エアコン
テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
冷蔵庫、冷凍庫
洗濯機、衣類乾燥機などの

特定家庭用機器での廃棄物からの再利用できる有用な部品材料をリサイクルすると同時に、捨ててしまう廃棄物を減量(リヂュース)、資源の有効利用(リユース)を推進するための法律です。

このような趣旨から、家電リサイクル法にのっとった処分が必要です。

とは言え、重量が有り、大型で嵩張るのがこれらの家電製品です。

買ったお店まで持っていくのはかなりの時間と労力がかかります。
買ったお店が遠くにある、お店が無くなってしまった、などのケースもあるでしょう。

要らなくなった大型家電だけでは無く、壊れた家電の処分も頭を悩ませてしまうところです。

リサイクルショップなどでは、動作しない家電は引取りNG、中には製造時期が古い家電製品と言う理由だけで引き取らないケースも有り、また一つの家電処分に数万円と高額な費用を要求される場合もあります。

では、壊れた家電製品を処分したいときには、どうすればいいのでしょうか?

確実なのは、不用品回収業者に依頼することですが、どの不用品回収業者でも良い訳ではありません。

インターネットで検索するとたくさんの不用品回収業者がヒットします。

注意点は、中には大型家電だから、家電リサイクル法又は自治体の規制などの理由を言って、不当に高額料金を請求された、見積り以外の追加料金を求められた、といった悪質な回収業者もいると聞きます。

高額費用以外に、家財や玄関の一部を壊される、部屋のものを汚されるなどのトラブルが起きることもあります。
そんな不用品回収業者トラブルを避けるためにも、必ず依頼前に信頼できる業者かを確認するようにしましょう。

弊社では家電以外全般の不用品回収を行っており、家電処分の依頼も数多く受けております。

もちろん、家電リサイクル法の対象品目、壊れた家電製品、大型家電、小型家電など一般家電を広く回収します。

年度末大掃除をしたときにたくさんの不要な家電を見つけたから処分してほしい、というお客様がいらっしゃって、ほとんどが壊れている家電でしたが格安で回収させていただきました。

家電回収のご依頼であれば、ぜひゴミ回収バスターズにご相談ください。

丁寧、スピーディー、確実な対応を心掛けております。
お客様からのご依頼、心からお待ちしております。